農トレvol.1 開催レポート!!

 

 

 
農業との新しい関わり方を提唱する「農トレ」 vol1のレポートです。
 
農トレはトレーニング要素を兼ねた農作業というテーマなのでみっちり予定を組んでいたものの、「この猛暑の中さすがに危険 !」という判断が下り、負荷を最大限に落としたプログラムに。
 
まずは鎌倉関谷にある直売所「かん太村」に集合し、かん太村代表の田村さんによる挨拶・体操からスタート。
 

 
 
その後、畑に向かいます。道中、農業や野菜についての基礎知識や日本、そして鎌倉における農業の歴史についてなど幅広い情報を提供してくれます。まるではとバスのガイドさんのよう。
 

 
第一のプログラム~灼熱のビニールハウスエクササイズ~
 
ビニールハウスは風が通らず空気が外に逃げにくい為、夏は特に暑くなります。そんな中での作業はとても大変な為、農家さんもなかなか手が出ないのです。逆に、農トレのコンテンツとしてはうってつけ。全員でビニールハウスのなかにあるトマトを片付けていきます。紐に吊るされている枝を剥がしていく作業を延々と続けていくのですが、やってみると意外にハマります(笑)無心で 10分ほど作業を行い、終了。
 

 
ビニールハウスから出た後は、すかさず水分補給。 このタイミングで飲むスポーツドリンクは最高です。
 

 
第二のプログラム ~オクラの収穫体験~
 
激しいエクササイズの合間にボーナスタイムも用意されているのが農トレのポイント。
オクラがなっている畑で収穫体験をします。そして、ここで採れたオクラはお土産として持ち帰ることが可能 !
 

 

 
第三のプログラム ~水茄子の収穫体験~
 
オクラに続き、水茄子の収穫体験を行います。本来のプログラムではもう少しエクササイズを入れ込む予定でしたが、あまりの暑さの為、軌道修正。畑を楽しむことも重要な要素です。
 

 

 
第四のプログラム ~人参畑の草むしり~
 
雑草が成長してしまうと、人参が負けてしまい土の養分を持っていかれます。そうすると痩せこけた人参しか育たない為、こまめな草むしりが必要です。しかし、これがまた手のかかる事。毎日膨大な畑と向き合う農家さんにとって、草むしりにかける労力はとてつもなく大きい。そこで、農トレメンバーによる一斉草むしり。初めての人が多く、間違えて人参をとってしまう事もあり注意を受けるシーンもありましたが、 12名みんなで一気に草むしりを行う効果は絶大です。
 

 
第五のプログラム ~畑ウォーキング~
 
鎌倉関谷の畑は農家さんによって区画が細かく別れており、畑と畑の間はそれなりの距離があります。なので、農業の話をしながらのウォーキングでそれぞれの畑を回っていきます。
 

 

 
第六のプログラム ~鎌倉野菜 BBQ &農業トーク~
 
かん太村に帰ってきたらみんなで鎌倉野菜 BBQ。ビールを飲みそして野菜を食べながら、田村さんによる農業トーク。農業の楽しさ、そして厳しさをご自身の実体験を踏まえお話いただき、湘南 WorK.のテーマである「仕事観」についてお話をいただきます。最後は参加者全員と交流会。 身体を動かした分のカロリーを摂取した可能性も否めませんが(笑)楽しく、農作業を終える事ができました。
 

 
担い手が不足している農業。その解決策の一手として農業に関わる人が少しでも増えればと思います。その手段として農トレのチャレンジは続いていきます。